アイシグマパートナーズのページへ
言語
日本語
丸紅グループ

会社案内
アイシグマパートナーズのページへ
アイ・シグマ・キャピタル株式会社 〒100-0004
東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー2階
TEL : 03-6206-3210(代表)
FAX : 03-3201-5620

President greeting

社長挨拶

アイ・シグマ・キャピタル株式会社は、2000年にベンチャーキャピタルファンド運営事業を生業とする会社としてスタートいたしました。

また、1997年よりバイアウトファンド運営事業について外部のパートナーとの共同事業としてスタートし、順調に業容も拡大させてまいりました。2008年には、プロフェッショナル人材の拡充を積極的に行い、弊社単独でアイ・シグマ・キャピタル事業支援ファンド1号の設立を行って、現在はバイアウトファンド運営事業を生業とする会社として事業を行っております。

関係の皆様のご支援のおかげをもちまして、同1号ファンドは、2018年3月に無事クロージングを迎えることができました。また、2013年に設立したアイ・シグマ・キャピタル事業支援ファンド2号についても、2018年7月に投資を完了したのち、投資先の価値向上と投資回収に努め、間もなく回収を完了する見込みとなっています。

そして、2018年6月には、既存投資家の皆様などのご支援を賜り、アイ・シグマ・キャピタル事業支援ファンド3号を設立することができ、投資活動に邁進しております。コロナ禍の環境にもかかわらず、組入れが進捗しており、投資組入れ完了も間近ではないかと予想しております。

弊社は、投資家の皆様をはじめとして、投資先企業の皆様や弊社株主及びその他のステークホルダーの方々のご指導やご支援のおかげでここまで事業を発展させることができました。あらためて厚く御礼を申し上げます。弊社は、社会の一員として、これからもファンド運営事業を通じて、社会の課題解決に微力ながら貢献していく所存でございます。引き続き宜しくお願い申し上げます。

さて、国内の事業環境に目を向けてみますと、これまで我が国経済の根幹を支える役割を果たされてきた中堅中小企業におかれては、経営者の高齢化や人材不足などの理由による事業承継問題がますます深刻化してきており、企業の持続的発展やひいては日本経済の活力を取り戻すための新たな枠組みが必要とされています。また、デジタル化が進展していくなかで、業種の垣根を超えた産業構造の変化が散見されるようになってきており、中堅中小企業のみならず大企業までがその変化への対応を迫られていると感じております。

このような状況下で、弊社としては、そのような課題やニーズをお持ちの企業に寄り添い、問題解決の為に共に歩んでゆく所存でございます。

総合商社丸紅グループの一員である弊社は、グループが持つ業界に対する知見やネットワーク、そして海外を含めたグローバルな事業展開力を最大限有効活用しながら、設立以来蓄積してきた、管理体制の整備・人材支援といった経営インフラの整備や販売支援・コスト削減・海外展開といったビジネス面での強化策を支援させて頂くことを通じて投資先企業の課題解決、業績向上や企業価値の増大を図り、永続的成長へ向けての橋渡しをさせて頂く所存でございます。

アイ・シグマ・キャピタル株式会社は、ファンド運営事業活動を通じて、社会からその存在意義を認められ共感・信頼される企業として、これからも更に発展してゆくことを目指します。ファンド運営事業者として常に高い倫理観を持って謙虚にお客様の声に耳を傾け、皆様の最良のパートナーとなるべく精進してまいる所存でございますので、今後とも一層のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

アイ・シグマ・キャピタル株式会社
代表取締役社長 日野広隆